婚約指輪の種類

婚約指輪には、さまざまな種類があったのをご存知でしょうか。

婚約指輪の違いは、ダイアモンドのサイズや値段だけが違うのではなく、さまざまなパーツに分かれて違うのです。

そのため、宝石店に行き、「婚約指輪ください。予算はこれぐらいです。」と言っても、簡単には絞り込むことはできません。

どういうことかというと、まずダイヤモンドには形があります。

通常、皆さんがよくドラマでみるようなダイヤモンドの指輪は、ダイヤがダイヤモンドカットというひし形にカットされています。

ですが、婚約指輪はこれだけではなく、ハート型や丸、四角などさまざまです。

この形だけでも、また値段は少しずつ変わっていきます。

次にあなたの土台ですが、リングの部分ではなく、リングとダイヤモンドをくっつける部分です。

この部分も冠のような形をしているものがあれば、シンプルにとありえず支えるだけというものもあります。

他にもさまざまですが、紹介し始めたらきりがないので、これぐらいにしておきましょう。

最後に、リングの部分ですが、これもまたいくつものパーツに分かれています。

色、形、質などになります。

形は、ねじれているものもあれば、まっすぐのリングもあります。

太いのや細いの、V字のものなどそれこそ無限にあるでしょう。

指輪の表面もざらざらしているものや、つるんとしているもの。

リングの表面にも細かいダイヤが入っていると高くなりますね。

このように、何通りもある指輪の中から選ぶ必要があります。

【銀座ダイヤモンドシライシ:URL】http://www.diamond-shiraishi.jp/