一般的な規模の歯科医院で、外

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは言えません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、当然ながらデメリットもあります。最大のデメリットは費用が高額になることです。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

最近話題になることも多い治療法であるインプラント。ですが、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。

それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。

一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。

引用元